検索

“正解率1%”。今年の「綿流し」の夜も、誰かが死に、誰かが消える…。

昭和58年6月、雛見沢。今年の「綿流し」の夜も、誰かが死に、誰かが消える…。竜騎士07原作“正解率1%”の物語。

2006年~2007年にかけて放送されたTVアニメ『ひぐらしのく頃に』、『ひぐらしのく頃に解』が、HDリマスターしてBlu-rayBOXが発売決定(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチパチパチパチ!

 

「このアニメ、懐かし~~~!」「観たことないけど…グロイんでしょ!?」「へっ!?知らい~~~!」と、様々な反応のあるアニメ。魅惑と恐怖のミステリー。おさえておきたいポイントをご紹介いたします。

ひぐらし

あらすじ――昭和58年。閉ざされた山村、雛見沢(ひなみざわ)。毎年一人が死に、一人が行方不明になるという連続怪死事件。事件の犯人は?祟りの真相は? 運命に従うか、それとも抗うか…。

 

【其の壱】賛否両論を巻き起こした、竜騎士07原作

同人サークル07th Expansion(代表:竜騎士07)が製作した同人サウンドノベルゲーム『ひぐらしのく頃に』『ひぐらしのく頃に解』が原作。2002年夏のコミケで、第1話「鬼隠し編」が発表され、その後、半年に1回のコミケで1話ずつ発表され、ネットを中心にファンが増殖!テレビ放送は、2006年4月~9月に、第1期『ひぐらしのく頃に』(全26話)、2007年7月~12月に、第2期『ひぐらしのく頃に解』(全24話)が放送され、センセーショナル内容に、賛否両論が巻き起こった作品のです。
当時、少年少女が斧やナイフで家族を殺害するという事件が起き、その度に、問題になったのが、残虐シーンを含むアニメや漫画の影響・・・。『ひぐらしのく頃に』は、よく、ひきあいにだされていた記憶が蘇ります。でも、作品の根底に流れるものは、とっても温かなものだったりするのです…。

 

【其の弐】根底に流れるのは、仲間の絆

楽しい学園生活を送る少年少女たち。それぞれ複雑な事情を抱え、上っ面な関係が崩壊し・・・残虐世界へと・・・。正直、刺激の強い描写もありますが・・・。でも、いつだって、この作品は「仲間って、何?」ということを突きつけてくるのです。

ということで、私の一番のお気に入りの名言を一つだけ、ご紹介。

話したくないことなんて
生きてりゃ増えてくよ。
それを全部打ち明けないと
仲間と呼べないならさ、
私ゃそんな仲間はいらないね。

この他にも、グッとくる名言が溢れています。残虐の向こう側にある真意を受けとってほしいと願ってます・・・。

 

【其の参】摩訶不思議・・・、パラレルワールド!

可愛い女の子が、突然、豹変・・・。悲劇が喜劇に・・・、喜劇が悲劇に・・・。過去・・・、現在・・・、未来・・・。
感情やら時間軸やら・・・、右往左往とパラレルに展開していく構成です。この構成が、斬新です。このパラレルワールドが謎と緊張を高め、目が離せいのです・・・。

場面写真2

 

それでは、この世界を、覚悟して・・・覗いて・・・観て下さい・・・。そして、大好きになったら、Blue-rayBOXを・・・。

 

■■■Blu-rayBOX!発売情報のお知らせ■■■
『ひぐらしのなく頃に』:(第1期・26話+特別編「猫殺し編」)BD-BOX 2014年11月6日発売
『ひぐらしのなく頃に解』:第2期・24話)BD-BOX 2014年12月3日発売
※各BOXとも特典あり。

 

——————————————————————————

(C)2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通 (C)2007竜騎士07/雛見沢御三家

 

※ご留意事項※ 作品により、将来、テキストや画像をクリックし、飛び先がリンク切れになる場合は、販売期間が過ぎ、販売を終了したたためです。ご了承いただけると幸いです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+