検索

‘A24’ カテゴリーのアーカイブ

【A24】mid90s ミッドナインティーズ

2021/03/12

君と出会って、僕は僕になった
『ミッドサマー』『レディバード』のA24が贈る、
90年代への愛と夢が詰まった
青春映画のマスターピース!


 いま世界中で多くの映画ファンから支持されている映画製作・配給会社「A24」。2012年に設立されて以来、数多くの傑作を世に送り出してきました。
 A24の作品ならば漏らさずすべて見たい!という新作洋画ファンの方も多いのでは?実はビデックスJPではA24作品を多数配信中です!
 今回はその中から『mid90s ミッドナインティーズ』をご紹介します。

story

 1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィーは兄のイアン、母のダブニーと暮らしている。小柄なスティーヴィーは力の強い兄に全く歯が立たず、早く大きくなって彼を見返してやりたいと願っていた。
 そんなある日、街のスケートボード・ショップを訪れたスティーヴィーは、店に出入りする少年たちと知り合う。
 彼らは驚くほど自由でかっこよく、スティーヴィーは憧れのような気持ちで、そのグループに近付こうとするが…

みどころ

 『40歳の童貞男』や『21ジャンプストリート』などで知られる名コメディ俳優のジョナ・ヒルが監督デビューしたことでも話題となった本作。みどころは、まずなんといっても主人公のスティーヴィーを演じるサニー・スリッチくんのとてつもない美貌っぷり!『ターミネーター2』のころのエドワード・ファーロング(古い映画ファンにとっては『大人は判ってくれない』のころのジャン=ピエール・レオー?)に匹敵する美少年っぷりには老若男女問わず魅了されること間違いなし!
 サニーくんの美貌を16mmフィルムの淡いノスタルジックな映像で捉えるのは、ソフィア・コッポラやガス・ヴァン・サント作品の撮影も務めたクリストファー・ブローヴェルト。繊細かつ慎重でありながら突然大胆に移動してみせるキャメラは、大人でも子供でもない思春期の複雑な感情をそのまま反映しているかのようです。
 サニーくんの周囲を取り巻く役者陣もみな素晴らしく、特に兄のイアン役のルーカス・ヘッジスが演じるこれまで見せたことのない粗暴な人物像のリアルな迫力に驚かされる方も多いでしょう。
 また、ニルヴァーナやピクシーズ、GZAなど90年代のポップミュージックが贅沢に使われているのも本作の魅力の一つ。90年代に青春時代を送った方は間違いなく心揺さぶられるはずの音楽映画にもなっています。大人の音楽に憧れるサニーくんが兄の部屋に忍び込み、棚に並ぶCDのタイトルをこっそりメモるシーンから始まり、家族との確執、年上のワルい友人から教わるワルい遊びなど、誰にとっても身に覚えのある思春期の日常が懐かしい音楽とともに描かれます。
 そして、物語の終盤、サニーくんの身に誰にとっても起こるのではないある事件が起こってしまい… その顛末はぜひ本編をご覧になって確かめてください!


その他のA24作品もビデックスJPにて好評配信中!
傑作の数々をぜひ!!

『キル・チーム』(2021年3月12日より先行配信スタート)
『ファブリック』
『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』
『WAVES/ウェイブス』
『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』
『ミッドサマー』
『ヘレディタリー 継承』
『フロリダ・プロジェクト』
『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
『ムーンライト』
『グッドタイム』
『グリーンルーム』
『ヤング・アダルト・ニューヨーク』
『スプリング・ブレイカーズ』


(スタッフT.M.)
———————————————————————————————————————————————————

(C) 2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

※ご留意事項※ 将来、テキストや画像をクリックし、飛び先がリンク切れになる場合は、配信期間が過ぎ終了した為です。ご了承いただけると幸いです。